What's コーチング

 ◆コーチングとは?

 

コーチング(coachingとは、人材開発の技法の1つ。

 

対話によって相手の自己実現や目標達成を図る技術である。

 

相手の話をよく聴き(傾聴)、感じたことを伝えて承認し、

 

質問することで、自発的な行動を促すコミュニケーション技法である。

 

~Wikipediaより

 


 

コーチングが企業における課題を払拭します!

コーチングと言っても、最初にコーチングに触れた機会や習ったスクールから人によって違った印象を持っておられるようです。よくわからないという方も多く、なかなか幅広い可能性についてはご存知ない方も多いようです。

コーチングのコミュニケーション技術により、相手との間に安心感を築き、何でも話せる雰囲気を醸成していくことができます。信頼関係を前提に商談や営業の場面で、相手のニーズを引き出し満足度の高い提案ができるようになります。

また、会話を通して気づきを引き出し目標達成へと導く人材育成技法によってチームや個人の目標達成のプロセスをサポートすることができます。人材育成の場面では、相手の能力を引き出し、それぞれの個性を生かして高いモチベーションで自発的に考え行動できる人を育てることができるようになります。


 

人的資産のポテンシャルを顕在化する

人財育成コーチング

コーチングでは目標達成のプロセスをサポートします。社員研修の延長の場合は、たいてい課題克服や問題点の改善などのテーマを言い渡されます。短所を変えるということなのですが、まず「変わる必要はない」という話をします。完璧な人はどこにもいませんが、一人一人皆さん素晴らしい本質を持っています短所や欠点を直す必要はありません。問題点ばかりに意識が向いていると、本来の人それぞれに持つ良さ、長所が見えてきません。悩みごとのほとんどはここで堂々巡りしています。短所を変えるというのはエネルギーを消耗し、ストレスが加わります。苦痛体験と結びつくと学習効果は下がる一方です。長所を伸ばして強みを生かし人それぞれに持っている価値観を大切に取り組むと今までに経験したことのない結果生まれます結果が出る頃には、短所だと思っていたことは消えてなくなっています。


 

個性や価値観を尊重して

可能性を無限大に引き出すコーチング

目標達成のプロセスでも、何をモチベーションに目標に向かって行動するのか人によってタイプが違います。歩き方や話し方など、カラダの動かし方にも個性やクセがあるように気持ちよく行動できるマインドセットの方法にもタイプがあります。タイプ別の潜在意識の活かし方があるのです。「どうしてできないんだろう」 「またできなかった・・・」 と悩んでも解決しません。自己嫌悪に陥ったり悩んだりするのは時間のムダだけでなく、ココロを蝕んでしまいます。目標達成の手順が、人によって違うのです。目標を立てましょう、ビジョンを思い描きましょう、行動を習慣化しましょう・・・等々コーチングではよく言われていることですが、これも人によって必要ない場合すらあります。そこで、ご自身のタイプを知り、潜在意識の活かし方や目標の立て方を知っていただくために個人セッションでお伝えしています。あなたに合った方法を知ることで 「できない」 「できなかった」 と落ち込むことはもうなくなります。


 

コーチングが企業研修に有効な3つの理由

Being Coaching Officeでは、コーチングをベースにした研修を行ったり、コーチングセッションスタイルで個別指導型管理職研修を行っております。コーチングが企業研修に最も有効という理由は次の3つです。

1.営業・商談の場面でのコミュニケーションスキルとして有効

2.社員育成・部下指導において目標達成に導くフレームワークとして有効

3.職場の相互理解・チームビルディングにも応用

最近では、全国の企業研修で管理職コーチング研修がかなりの時間を割いて組み込まれております。部下との関わりにコーチングスキルが必須となってきています。中小企業が抱えておられる課題解決のために人を生かす人財育成コーチングを取り入れてみてはいかがでしょうか。


※中小企業経営者の方や士業の先生方のために『コーチングコミュニケーション講座」を開催しております。